こんなに簡単!イージーマイショップの公開方法解説(配送設定編)

ショップ設定記事をまだご覧になっていない方は先にそちらからご覧ください。

※商品発送をしない方はこちらを押してください。

配送設定

上の画像はショップ設定から配送設定に移った時に表示される最初の画面です。

最初に赤枠で囲ってある場所から国内用海外用かを指定します。

どちらも設定方法は変わらないので記事では国内用でご説明いたします。

もちろん二つ同時にご利用することも可能となっておりそれぞれ登録が必要です。

指定したら青枠で囲ってある[追加]ボタンを押して基本送料と例外送料の設定を行います。

  • 基本送料・・・購入手続き画面で購入者に選択させる配送方法を登録する
  • 例外送料・・・商品登録時に商品別送料として選択できる送料を登録する

まずは基本送料からやっていきましょう!

基本送料

運送会社等基本情報

[追加]ボタンを押すと上の画像のように画面に表示されます。

設定内容は次の表をご覧ください。

配送方法 ・日本郵便のゆうパック・ゆうメールや佐川急便、ヤマト運輸など好きな配送方法を選べる。
利用制限 ・自分の管理画面でのみ利用する支払方法がある場合□にチェックを入れる
荷物追跡URL ・利用する配送会社の荷物追跡URL。
・発送処理の際に配送番号を入力すればこのURLを載せたメール案内が行える。
配送時間帯指定 ・注文時に配達の日時を指定したい場合に登録する。

続いてそれぞれの設定内容を順番にご説明いたします。

配送方法:改めて配送方法の一覧は次の画像のとおりです。

日本郵便や佐川急便、ヤマト運輸のいずれかを選択して[実行]ボタンを押すと配送方法名・荷物追跡URL・配送時間帯指定の三つを自動で登録してくれます。

その他を選択した場合自分で登録を行う必要があります。

また、初期値選択の場合もあらかじめ決められた配送方法で自動登録されます。

利用制限:上の表に当てはまらない方はチェックを外してください。

荷物追跡URL:URLだけで配達状況がわかるのでお客様にはありがたい機能です。

配送時間帯指定:[なし・手入力・選択]からお選びいただけます。

選択では最大8つの細かい時間指定でお好きなように分けることが可能です。

配送日設定

画像の一番上に再び[なし・手入力・選択]のいずれかを選ぶ項目があります。

選択をお選びいただくと出荷準備期間配達日数など細かく設定できます。

なしと手入力に関しては特に設定はないので選択を選んだと仮定してご説明いたします。

設定する内容は次の表をご覧ください

出荷準備期間 ・準備期間を指定できる。
・注文時間によって期間が1日延びる。
出荷作業休業日 ・休業日を選べる。
・自分で休業日を指定できる。
出荷後配達にかかる日数 ・地域によって変更できる。
選択可能期間 ・お届け可能日の期間を決められる。
指定不可日 ・引き渡し日を制限できる。

続いて上の表を基に下の画像の設定例でご説明いたします。

設定例は3つですが、まったく同じ設定をしている部分があります。その場合一度ご説明させていただいた部分は除外いたします

設定例1

  • 出荷準備期間:[15時以降に注文されたなら+1日]ですが15時前の注文なので予定通り1日間。
  • 出荷作業休業日:[土日指定のカレンダー]なので土日はお休み。
  • 出荷後配達にかかる日数:[翌々日設定]ですが土日がお休みなので翌週の月曜日と火曜日。
  • 選択可能期間:[次の日の水曜日を含めた6日後の月曜日]の間の希望日を注文者が選ぶ。

設定例2

  • 出荷準備期間:[11時以降に注文されたなら+1日]ですが11時前の注文なので0日間。
  • 出荷後配達にかかる日数:設定例1と同じく[土日指定のカレンダー]ですが金曜日から配送が始まっているので土曜日も含む。
  • 選択可能期間:この期間は土日も含まれるので[次の日の日曜日を含めた6日後の金曜日]の間。

設定例3

  • 出荷準備期間:注文日が土曜日ですが、土日は休業日なので翌週の月曜日の1日間。

配送日設定についての説明は以上です。次の設定に移りましょう。

送料

送料計算方法は次の中からお選びいただけます。

  • 無料・・・送料無料。
  • 一律・・・送料を定額で設定。
  • 送付地区別・・・お届け先の都道府県に応じて送料を変える。
  • 商品の合計金額別・・・注文金額に応じて送料を変える。
  • 重量・サイズ・金額別×地区別・・・[重量かサイズまたは金額]に応じて都道府県ごとに送料を変える。

無料以外を選んだ場合は標準送料欄に入力項目が表示されます。

付加条件

“基本送料”の設定はこれで最後です!

まず最初のあと○○円で送料無料の設定ですが、「○○円以上購入したお客様は送料無料」というものです。

設定をする場合はチェックを入れると入力項目が追加されるので金額をご入力ください。

しない場合は最初の状態でチェックが入っていないのでそのままにしておきます。

最後に配送方法に関する説明文を記入します。

今回も青枠で囲ってある[例文作成]ボタンにテンプレートが用意されています。

テンプレートの文章を基に自分なりに作成しましょう。

完了したら赤枠で囲ってある[保存]ボタンを押して“例外送料の設定”に移りましょう!

例外送料に移る前に…

“例外送料は”ほかの商品とは関係なく個別に送料を加算したい場合に利用します。

よって、加算するつもりはないという方の“配送設定”は”基本送料”ですべて完了しました!

“例外送料”を設定する方は引き続きよろしくお願いいたします。
ではやっていきましょう!

例外送料

“基本送料”の時と同じく[追加]ボタンを押すと上の画像のように表示されます。

設定する内容は次のとおりです。

  • 登録する商品の名称
  • 送料計算方法
  • 商品がクール便対象の場合個数によって送料を加算する

送料計算方法は一律送付地区別のどちらかをお選びいただけます。

送付地区別の場合は都道府県ごとに設定が可能です。

ここで気を付けるべき点はクール便は次の場合加算されないということです。

  • 登録した商品が[送料無料]の場合。
  • 先ほどの送料計算方式で[商品の合計金額]を採用しており該当した場合。
  • 先ほどの付加条件で[送料無料注文金額]に該当した場合。

これで”例外送料”の設定もすべて完了です。お疲れさまでした!

赤枠で囲ってある[保存]ボタンを押したら”配送設定”の一番最初の画面に戻ります。

戻ったら一番下の[保存して次へ]ボタンを押してカート設定に進みましょう!

補足(商品発送をしない場合)

“基本送料”の[追加]ボタンを押すと上の画像のように表示されます。

画像内の赤丸で囲ってある▼ボタンを押したら配送方法の一覧が表示されます。

赤い矢印で指している【商品の発送なし】を選択して赤丸で囲ってある[実行]ボタンを押してください。

実行を押したら完了というわけではなく次の三つの設定をしなければいけません。

  • 送料計算方法で無料を選択する。
  • 一番下の付加条件設定のあと〇〇円で送料無料の□のチェックを外す
  • 同じく付加条件設定の説明文の[例文作成]ボタンで商品の発送を伴わないで設定する

この設定ができたら今度こそ完了です。
お疲れさまでした!